プロ野球・高校野球

【巨人編】2020年最新|プロ野球セ・リーグ戦力分析&順位予想!

スポンサーリンク

新型コロナウィルスの影響で開幕が大幅に遅れていたプロ野球が、6/19(金)に約3カ月遅れで開幕しました。

別記事でセ・リーグの順位予想を挙げておりますが、今回の記事ではセ・リーグ各球団の戦力分析を行っていきます。

まずは昨年度セ・リーグ覇者の巨人から分析していきましょう。

スポンサーリンク

【巨人編】2020年最新|プロ野球セ・リーグ戦力分析&順位予想!

戦力分析として下記の4項目ABCD4段階評価していきます!

  1. 投手力
  2. 打撃力
  3. 守備力
  4. 監督力

投手力

昨年の優勝に大きく貢献した山口俊のメジャー移籍の影響が大きそうです。

ローテーションの穴を誰が埋めるかが最大の焦点になります。

代役筆頭としてはサンチェスが考えられます。怪我無く1年間働いてくれれば2桁勝利は計算できそうです。

エース菅野はフォーム改良に取り組み昨年度以上の結果を残してくれると期待できそうです。

先発ローテは下記になりそうです。

1 菅野
2 田口
3 サンチェス
4 桜井
5 メルセデス
6 戸郷

中継ぎもそれなりに経験値豊かな選手がそろっており、安定していそうです。

ただし、抑えが固定できていないことが今後問題になりそうです。

抑えを日替わりでローテーションすることのニュースはこちらから。

日替わりで7~9回をやりくりする方式を取るようで、いわゆる勝利の方程式は確立できていないことになります。

※楽天との間で高田(巨人)⇔高梨(楽天)のトレードが確定しました!!

高梨を獲得できたことで中継ぎに厚みがでてきそうで、投手力はよりあがったと考えられます。

投手力:B

※ABCDの4段階評価

スポンサーリンク

打撃力

坂本・丸・岡本の3人は今年もそれなりの結果は出すでしょう!

特に岡本はここまで絶好調で各打撃項目にも上位5位に名を連ねるなど好成績を残しています。

この3人の前後を打つ打者が今年のキーになりそうです。

本来であれば1番吉川ですが、ケガが多く1年間続けて働いたことがないこととここまで不調が続いていることから今年も厳しいと思われているようです。

ベテラン中島・亀井も計算できる選手としていることや、新助っ人のパーラの活躍もキーになりそうです。

野手陣を見ると、陽・石川・湯浅・北村・山下・重信と準レギュラー陣がそろっており、十分な攻撃力を誇っています!

※楽天との間で池田(巨人)⇔ウィーラー(楽天)のトレードが確定しました!!

これは攻撃・守備ともにかなりのバックアップ補強といっていいでしょう!

打撃力:A

※ABCDの4段階評価

スポンサーリンク

守備力

ここまでチーム防御率3.47とセ・リーグの中ではトップの防御率を誇っていますが、

捕手小林の離脱はチームにとってかなりの痛手です。

代わりを務めている大城がここまでピリッとした活躍をすることができていないことも守備力の評価を下げている部分です。

2019年にゴールデングラブ賞の受賞者が2名(坂本・丸)おりセンターラインは安定しています。

守備力:B

※ABCDの4段階評価

スポンサーリンク

監督力

最後の評価項目は監督力です。

現在、監督を務めている原監督はNPBを代表する監督と言っていいでしょう!

采配もさることながら、選手との距離感が抜群でこんな上司がいたらいいなと思わせる監督です!

巨人軍OfficialYoutubeの田口選手誇張モノマネでも選手との絶妙な距離感であることがわかります!

この動画は監督と選手が和気あいあいとしていて何回も見たくなる動画です!

監督力:A

※ABCDの4段階評価

スポンサーリンク

まとめ

投手力 B
攻撃力 A
守備力 B
監督力 A
総合評価 A

総合評価はA評価です!

今年もセ・リーグの優勝候補筆頭でしょう。

2020年も優勝と予想します。

これからの巨人軍の活躍に期待したいところです。

【2020年最新】プロ野球セ・リーグ順位予想|解説者の優勝候補は?新型コロナウィルスの影響で開幕が大幅に遅れていたプロ野球が、6/19(金)に約3カ月遅れで開幕します。 昨年セ・リーグは巨人が広島...