プロ野球・高校野球

【阪神タイガース編】2020年最新|プロ野球セ・リーグ戦力分析!

スポンサーリンク

新型コロナウィルスの影響で開幕が大幅に遅れていたプロ野球が、6/19(金)に約3カ月遅れで開幕しました。

別記事でセ・リーグの順位予想を挙げておりますが、今回の記事ではセ・リーグ各球団の戦力分析を行っていきます。

続いては昨年度セ・リーグ3位の阪神を分析していきましょう。

スポンサーリンク

【阪神タイガース編】2020年最新|プロ野球セ・リーグ戦力分析!

戦力分析として下記の4項目ABCD4段階評価していきます!

  1. 投手力
  2. 打撃力
  3. 守備力
  4. 監督力
スポンサーリンク

投手力

2019年に鉄壁のブルペン陣として、Aクラス入りの大きな要因になったドリス・ジョンソンの退団はかなり痛いといっていいでしょう。

先発陣では昨季10勝の西勇輝が軸になります。FA移籍1年目にしっかりと結果を出し、防御率も2点台で結果を残しました。

※西選手に文春砲が放たれました!精神的なダメージは大きいでしょう!

【文春砲】阪神タイガース西勇輝がコロナ不倫!次回登板への影響は? 文春オンラインから、新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言下の5月3日に出身地の三重県内のホテルに昨年10月から不倫関係...

先発二番手は台頭して9勝を挙げた青柳晃洋で、三番手以降はガルシア、岩貞と左投手が並びます。ほかには秋山、中田、新加入のガンケルも候補です。現有戦力の底上げにはここ最近低迷している藤浪晋太郎の復活が不可欠になりそうです。

先発ローテは下記になりそうです。

1 西
2 岩貞
3 ガルシア
4 青柳
5 秋山
6 中田

投手力:B(Aにしたかったが西の精神的ダメージ、ドリス・ジョンソンの退団を考慮)

※ABCDの4段階評価

スポンサーリンク

打撃力

バースの再来といわれているボーアへの期待がかり大きい!開幕から18タコとダメ助っ人のレッテルをはられかけたボーアだが、7/15時点で打撃部門チーム4冠と取り返してきました!

 

筆者もボーアもう使えないな・・・早くベンチにした方がいいと思ってました。すいませんでした(笑)信じて使い続けることは大事ですね!

また新助っ人のサンズが当たれば、今季は昨年足りなかった長打力が加わり得点力UPに期待したいです!

しかし、昨年リーグ最下位の得点力の大幅アップは難しいかなという印象です。

打撃力:C

※ABCDの4段階評価

スポンサーリンク

守備力

昨年は12球団でワーストだった102個の失策数でした。

守備力を上げることが2020年の課題になりそうです。

2019年のゴールデングラブ賞には西投手、梅野捕手が受賞しており、バッテリーについては安定していそうです。

また、梅野は7/15時点で盗塁阻止率.833と脅威の数字を誇っており扇の要として必要不可欠な存在になりつつあります!守備でチームを引っ張っていってほしいですね!

守備力:D

※ABCDの4段階評価

スポンサーリンク

監督力

2019年は金本前監督の電撃解任で新監督に就任した矢野監督が1年目でAクラスと結果を残しました。

捕手出身の監督は名将が多く、矢野監督にも資質はあるかに思えます。

2年目の今季で評価が大きく変化しそうです!

監督力:B

※ABCDの4段階評価

スポンサーリンク

まとめ

投手力 B
攻撃力 C
守備力 D
監督力 B
総合評価 C

総合評価はC評価です!

戦力的に優勝はかなり厳しいのではないでしょうか。

投打をかみ合わせて2年連続のAクラス入りを目指したいところです!

【2020年最新】プロ野球セ・リーグ順位予想|解説者の優勝候補は?新型コロナウィルスの影響で開幕が大幅に遅れていたプロ野球が、6/19(金)に約3カ月遅れで開幕します。 昨年セ・リーグは巨人が広島...