プロ野球・高校野球

【中日ドラゴンズ編】2020年最新|プロ野球セ・リーグ戦力分析!

スポンサーリンク

新型コロナウィルスの影響で開幕が大幅に遅れていたプロ野球が、6/19(金)に約3カ月遅れで開幕しました。

別記事でセ・リーグの順位予想を挙げておりますが、今回の記事ではセ・リーグ各球団の戦力分析を行っていきます。

続いては昨年度セ・リーグ5位の中日を分析していきましょう。

スポンサーリンク

【中日ドラゴンズ編】2020年最新|プロ野球セ・リーグ戦力分析!

戦力分析として下記の4項目ABCD4段階評価していきます!

  1. 投手力
  2. 打撃力
  3. 守備力
  4. 監督力
スポンサーリンク

投手力

ノーヒッター大野がいるものの、絶対的エースと呼ばれる存在がいない印象です。

 

大野と柳の左右の10勝コンビを軸に、シーズン後半は次世代のエースを感じさせる投球を見せた梅津、

そして山本に清水などの期待の若手に小笠原に笠原とローテ候補は揃いつつある中日ドラゴンズの投のポイントはシーズン後半で、怪我人が出た時にどうペナントを乗り切るのか、という層の薄さという課題を克服できるかにかかっていそうです。

次世代のエース・世代交代を2020年も進めてほしいです。

 

先発ローテは下記になりそうです。

1 大野
2 山本
3
4 小笠原
5 吉見
6 梅津

投手力:C

※ABCDの4段階評価

スポンサーリンク

打撃力

今年キーになるのは高橋周平かと思います。2019年はブレークの兆しを見せてくれました!このまま成長してリーグを代表する左打者になってほしいものです。

 

リーグNO1の打率だった昨年の打力レベルを維持出来るのかにかかってきそうですが、12球団ワーストのチーム本塁打数90だった長打力の弱さは、27試合を1点差で敗れた接戦の弱さの要因でした。

今季上を目指すには長打力UPがキーポイントになってきそうですが、野手に関しても層の薄さの解消、若手の台頭が必須かと思います。

ドラフト一位コンビの根尾・石川が台頭してくれれば面白くなりそうです。

 

 

ドラフト1位コンビで三遊間を守って長い間中日を支えられる選手になってほしいです!

打撃力:C

※ABCDの4段階評価

スポンサーリンク

守備力

球団最少の失点数にリーグ新記録の守備率.922のディフェンス力が売りの中日!昔から荒木・井端の伝説的二遊間もいたことで守備のチームの印象が強いです!

鉄壁の守備陣で守備からリズムを作って攻撃につなげることができれば理想の展開になりそうです!

 

守備力:A

※ABCDの4段階評価

スポンサーリンク

監督力

2019年に就任してから投打の数字ともに改善することができました。

順位としては変わらず5位だったので、今年がどのようなシーズンになるかで大きく評価は割れそうです。

ただし、「お前騒動」など采配とは別のところで注目を集めてしまっているところは残念な部分です。

2年目の今季で評価が大きく変化しそうです!

監督力:C

※ABCDの4段階評価

スポンサーリンク

まとめ

投手力 C
攻撃力 C
守備力 A
監督力 C
総合評価 C

総合評価はC評価です!

戦力的に優勝はかなり厳しいのではないでしょうか。

投打をかみ合わせて8年ぶりのAクラス入りを目指したいところです!

セ・リーグでは最長でAクラス入していないです。

【2020年最新】プロ野球セ・リーグ順位予想|解説者の優勝候補は?新型コロナウィルスの影響で開幕が大幅に遅れていたプロ野球が、6/19(金)に約3カ月遅れで開幕します。 昨年セ・リーグは巨人が広島...