エンタメ

BANDMAID(バンドメイド)が世界中で人気な3つの理由

スポンサーリンク

日本のみならず海外でも人気を集めているロックバンドBAND-MAIDを知っていますか?

3月5日のダウンタウンDXにグループのメンバーの一人である小鳩ミクさんが出演し、更に注目を集めています。

今回の記事では、BAND-MAIDが世界中から人気な3つの理由を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

BAND-MAIDプロフィール

  • 小鳩ミク(こばとみく)ギターボーカルを担当
  • 彩姫(さいき)ボーカル担当
  • 遠乃 歌波(とおの かなみ)」ギター担当
  • ミサ(みさ)ベース担当
  • 廣瀬 茜(ひろせ あかね)ドラム担当

BAND-MAIDは5人のメンバーからなる、バンドグループです。

メイドの衣装を身に纏いつつビジュアルとは相反する重厚なハードロックを基調としています。

日本以外には北米、南米、ヨーロッパを中心に10か国以上での単独公演を行い、4度のワールドツアーを実施しています。

こちらは、BAND-MAIDの代表曲となったREAL EXISTENCE(リアル エグジステンス)です。

バンドメイドを全く知らない方でも、一度はこのPVを見た事があるのではないでしょうか。

海外でも反応がある楽曲で、Youtubeの再生回数も約1000万回超え。

日本のみならず、海外からも人気が高まっているバンドグループです。

スポンサーリンク

BAND-MAIDの人気の3つの理由

理由①メイド服と楽曲のギャップ

BAND-MAIDは全員がメイド服を基本にしたコスチュー厶を着ていますが、その可愛いルックスに反し力強いロックンロールのギャップが人気のようです。

ロックバンドなのに、可愛いメイド服ッのギャップが人気の一つのようです。

また、メイド服を着た可愛いメンバー達が奏でるのはルックスとは逆のハードなロックンロール。

小鳩ミクさんとSAIKIさんのボーカルは
男性バンドに負けない骨太な曲調が特徴のようです。

理由②演奏力がある

BAND-MAIDが奏でる音楽は演奏力がありファンからの評価が高いのも人気の一つです。

メンバーは実力者揃いのようです。

ドラムはツーバス、ギターソロでは高速タッピング、スィープ奏法などメタル要素の強い演奏を得意としているようです。

 

理由③ショーにメイドの世界を作り出している

BAND-MAIDのライブではお客様のことを
「ご主人さま、お嬢さま」と呼びます。

ショーの間には、小鳩ミクさんが「小鳩のおまじないタイム」というものを恒例化しています。

ファンと「萌え萌え、キュンキュン」と合唱しメイド喫茶にいるかのような世界を演出しているのも人気の一つのようです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、BAND-MAIDが世界中から人気な3つの理由を紹介させて頂きました。

人気の理由は以下のようです。

  1. メイド服と楽曲のギャップ
  2. 演奏が上手
  3. ショーにメイドの世界を作り出している

知らない方も一度聞くとBAND-MAIDのファンになるかもしれません♪

これからも益々人気を高めていきそうなBAND-MAIDの活動を追っていきたいと思います。