掃除・収納

片付けができない人に当てはまる行動パターン5選!

スポンサーリンク

「自分は大丈夫!」そう思っていてもこれから紹介する行動パターンに当てはまっていれば、もしかするとあたなも片付けができない人かもしれません。

そこで今回は、片付けができない人に当てはまる行動パターンを5個ご紹介していこうと思います!

片付けができない人に当てはまる行動パターン5選

バーゲンが好き

「お買い得」、「年に一度」という言葉から特に欲しい物ではなくても「買わないと損だ!」と買ってしまった経験はありませんか。

わたしもそういった経験があります。

福袋を買っても半分以上は自分の好みのものではなかったりサイズが合わなかったりしますよね

結局は要らなくなり家族にあげたり、フリーマーケットで売ってしまったり・・・

また献立を決めずにスーパーに行くと、「今日のお買い得品!」の広告が目についてしまい買うつもりのなかった商品でも、ついついカゴに入れてしまいます。

家に帰ってから後悔してお金を無駄使いしてしまったことに気が付くこともありました。

私のような経験があるかたは、福袋のような「年に一度」の商品や、「お買い得品」の商品には買う前に一度過去に買った後に後悔した気持ちを思い出してみてください。

お得にみえて、実はお金の無駄遣いをしていることに気が付きますよ!

もらいぐせがある

近所の人から、友達から、会社の同僚からついもらってしまうもらい癖がある人は注意かもしれません。

わたしの場合は友達からお土産でもらったキーホルダーを使わないのに山程あって捨てられないでいたことがありました。

「自分のために買ってきてくれたものだから捨てるには悪い。」という気がして整理できずにいたのです。

そういったしがらみにも捉えられてしまうとやっかいですよね。

使わないものでも、「相手に悪いから」「いつか使えるかも」といつまでも取っておくのではなく、必要なければ処分するかフリーマケットなどに持っていってしまいましょう。

流行ものが好き

流行というだけあってライフサイクルはとても短いですよね。

わたしも流行ものが好きでそのシーズンに何着か買ったはいいものの1、2回着て着れなくなってしまった経験があります。

クローゼットは着れなくなった服が溢れていました。

こういった経験から、今は流行ものより一生使えるものを選んで購入するようにしています。

物を増やさないという意味では懸命かもしれませんし、流行にとらわれず着ることができるので服装は誰とも被りません。

他にも数を決めて持つことや、持っている持ち物の寿命がきたら買い換えるなど、とにかく物の数を増やさないように心がけています。

そうすれば自ずと持ち物が増えすぎてしまうこともなくなりました。

感情や欲で動いてしまう

どうしても欲しいものを我慢できずに買ってしまったり、自分のご褒美として何回も欲しい物を買ってしまったりすることはないでしょうか。

欲望に負けやすい人は注意かもしれません。

私の経験では、「日頃頑張ったご褒美」をなにかに理由をつけて買うことがありました。

「今日は残業を頑張ったから、スタバに寄ってから帰ろう。」

「一週間仕事を頑張ったご褒美に欲しかった服を買おう。」

などがよくしてしまっていたことです。

もちろん頑張った自分へのご褒美は悪くないことだと思うのですがたったスタバでワンドリンク飲むことを習慣にしたり、服を与え続けてしまえば塵も積もれば高い金額になってしまいますよね。

またこれもしばしばあったことなのですが、似たテイストの服を持っていても欲しいとものは我慢できずつい買ってしまった経験があります。

一緒に買物にきた家族から、「それ、同じような物持ってるよね。」なんて鋭いツッコミが入っても好みの服だとつい買ってしまうんですね。

結局は、1度か2度使ってクローゼットの肥やしになっていました。

自分にルールを決めてご褒美を買うことにしたり自分の持ち物とよく相談して新しい物を買うようにしたほうが良いです!

捨て方が分からず放置している人

例えば使えなくなった電化製品やデータが残ったままのパソコン、割れたお皿やコップ等などが該当します

もう必要ないがどう捨てればよいか分からず、時間があるときに処分しようと結局放置したままのものはないですか。

わたしも故障して使えなくなったパソコンを1年間ずっと放置していたことがあります。

中のデータを取り出すのが面倒な作業だと思い後回しにしているうちに忘れ去られていたのです。

市や区で配布される分別表には分別の仕方が乗っていたり、一年に数回粗大ごみの日がある市区町村も有るのではないかと思います。

つい放置しがちな作業ですが、れる前にゴミに分別してしまうことをオススメします。

まとめ

今回は「片付けができない人に当てはまる行動パターン5選」についてご紹介しました。

ものを減らすことは、片付けをスムーズに行うことに繋がります。

もしいくつか当てはまっていたらこの機会に自分自身を見直してみると良いでしょう。