ニュース

米山隆一は超天才!医師・弁護士資格を持つ経歴・学歴が凄すぎると話題

スポンサーリンク

米山隆一さんと室井佑月が結婚されたという報道をうけ、村井卯月さんに注目が集まっています。

米山隆一さんを検索すると「天才」と出てきます。

今回の記事では、米山隆一さんかわ「天才」と呼ばれている理由を紹介していきたいと思います。

米山隆一プロフィール

名前米山隆一(よねやま りゅういち)

誕生日:1967年9月8日

出身地:新潟県北魚沼群湯之谷村

前職:医師・弁護士

米山隆一は超天才!医師・弁護士資格を持つ経歴・学歴が凄すぎると話題

米山隆一さんが天才と呼ばれる理由をまとめてみました!

天才①学歴が凄い

米山隆一さんは学歴がとても凄いのです!

中学校:新潟大学教育学部附属長岡中学校

高校:灘高等学校(兵庫県)

大学:東京大学理科三類現役合格(共通一次960点/1000点満点)

米山隆一さんは、湯之谷村立井口小学校から、難関の「新潟大学教育学部附属長岡中学校」に進んでいます。

この附属中学への進学のきっかけは、小学校の先生が進学を勧めてくれたのが理由だそうす。

米山隆一さんは、

“これが人生の転機となった”

と振り返っています。

米山隆一さんが卒業された灘高等学校は

兵庫県でも偏差値が75ある有名な進学校です。

兵庫県の公立・私立高校の中でもトップの偏差値を誇る高校です。

そして米山隆一さん、東京大学の出身。なんと、共通一次試験では、960点/1000点満点で合格したという秀才です。

灘高から11人が東大理IIIに合格していますが、米山隆一さんは一次の点数(自己採点)がトップだったのだとか。

天才②医師免許を保有

米山隆一さんは医師免許を保有しています。

東京大学医学部医学科卒業した後、1992年5月医師免許を取得しています。

在学中は、東大病院の放射線科で研修。その後、放射線医学総合研究所に就職し3年間を過ごしています。

放射線医学総合研究所の後、ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院を経て、2003年に東京大学より博士号(医学)を取得されます。

そして、2005年より東京大学先端科学技術研究センター医療政策人材養成講座特任講師を務めています。

医師としては約14年間働いていたそうです。

1998年に東京大学大学院経済学研究科を、2000年に東京大学大学院医学系研究科をそれぞれ単位取得退学しています。

天才③弁護士資格を保有

米山隆一さんは、医師免許だけでなく、弁護士資格も保有しています。

1997年10月に、司法試験に合格しています。

更に、2003年に東京大学より博士号(医学)を取得しています。

司法試験を受けた動機は、

「東大の寮にいたとき法学部のやつがすごく威張っていてむかっ腹を立てた」

ということが動機のようです。

米山知事は1992年に東大医学部を卒業された後、2011年より、弁護士として活動し、医療訴訟や医療過誤などを主に担当していたそうです。

米山隆一さんが天才と言われるわけは、偏差値の高い学校へ通い、前職が「医師」「弁護士」という異色の経歴を持っているからのようです。

ネット上での反応

ネット上でも米山隆一さんが「天才」という声が相次いでいます。

まとめ

今回の記事では、米山隆一さんかわ「天才」と呼ばれている理由を紹介していきました。

米山隆一の女性経歴まとめ!女性問題や村井卯月との馴れ初めがヤバイ米山隆一さんと村井卯月さんの結婚が報じられました。 米山隆一さんといえば、過去に女性問題で辞任している印象が強い方も多いのではない...