エンタメ

津野米咲の自殺原因は?赤い公園の活動はどうなる?解散の可能性はある?

スポンサーリンク

2020年10月20日女性バンドグループ「赤い公園」のギター担当である津野米咲さんが自宅で急逝していたことが報道されました。

SMAPやドラマ・アニメの楽曲の作詞も手掛けていた人気アーティストの津野米咲さんだけに衝撃が広がっています。

今回の訃報を受けて、

  • 津野米咲さんの死因はなんだったのか?
  • 今後「赤い公園」の活動はどうなるのか?

など気になる声が挙がっています。

今回の記事では、津野さんの自殺原因や赤い公園の今後の活動予定などについて調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

「赤い公園」津野米咲さん死去

2020年10月20日女性バンドグループ「赤い公園」のギター担当である津野米咲さんが自宅で急死していたことが報道されました。

29歳という若さで亡くなった津野米咲さん。

現場の状況から見て自殺とみられてるようですが遺書などの詳しい情報についてはまだわかっておりません。

津野米咲
  • 名前:津野米咲(つのまいさ)
  • 年齢:29歳
  • 生年月日:1991年10月2日
  • グループ:赤い公園(リーダー)

津野米咲さんはガールズロックバンド「赤い公園」のメンバーでギタリストを担当していました。

津野米咲さんは、SMAPが2013年6月にリリースしたシングル「Joy!!」や、モーニング娘への楽曲などの作詞作曲を手掛けていた人気アーティストです。

最近では、8月にFODで先行配信された三浦翔平主演ドラマ「時をかけるバンド」のオープニング主題歌とエンディングテーマを作詞作曲するなどして活躍されていました。

https://twitter.com/818hiroharu214/status/1318188147310620673?s=20

それだけに、ネット上でもショックを隠せない方も多くいるようです。

SNSでは、津野さんと親交があった有名人からの投稿も相次いでおり、悲しみが広がっています。

たくさんの人から愛されていた津野米咲さんですが、自殺原因は何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

津野米咲の自殺原因は?

津野米咲さんの自殺現任については詳細なことはまだわかっていません。

しかし、一部では津野さんが手がけた楽曲の歌詞を今になって読むと、かなり前から自殺念虜の傾向があったのでは?という憶測が広がっています。

【笑って】

笑って笑って笑って
笑い疲れたら涙が出そうだ
希望抱いて飛び出して
ちょっとこわいけど
産声をもういちど
(一部抜粋)

発売日:2017年07月26日
作詞・作曲:津野米咲

「笑って」のサビ部分にあたるこのフレーズですが、歌の中で何度も繰り返される部分に「ちょっとこわいけど 産声をもういちど」など、生まれ変わりたいというような願望を想像させる歌詞を入れています。

【きっかけ】

もういいかな

心のこりも

なくなっちゃった

若いままの私で

終えたいな

発売日:2014年03月12日

作詞・作曲:津野米咲

「もういいかな」や「若いままの私で終えたい」という歌詞が、津野さんの心境を綴っていたのでしょうか。。

また、ファンの間では「津野さんが病気なのでは?」という話が以前からありましたが、これは2012年10月に一度体調不良で休んでいたことからきているようです。

『津野は先月から体調を崩しており、医師の診断を受けた結果、「過度の疲労の蓄積により、暫くの間安静が必要」

これを受けてメンバーやスタッフで協議を重ねてきたが、現状ではバンド活動を続けていくのは困難だと判断し、赤い公園としての活動を休止します』

公式サイトでの発表はこのようなものでした。

【過度の疲労】というのは、身体的なものだけではなく、精神的な疲れもあったのではないでしょうか…。

その後、順調に回復し2013年3月には復帰し、赤い公園の活動も再開しました。

今回の死因は自殺ということですが、心身の疲労が蓄積されていたのかもしれませんが、詳細は調査中ということで、まだわかりません。

スポンサーリンク

津野米咲の今後の活動はどうなるの?

ガールズバンド「赤い公園」の活動は?

「赤い公園」は10年に結成、12年にメジャーデビューすると、数々の楽曲をドラマやアニメなどのテレビ番組、映画の主題歌・エンディングテーマに起用されてきました。

そんな「赤い公園」のギタリストとして活躍してた津野米咲さんが亡くなれたことを受け今後の活動はどうなるのでしょうか?

「赤い公園」のオフィシャルサイトを確認すると以下のような文面が報道されています。

赤い公園に関するお知らせ
2020.10.19

赤い公園、津野米咲を応援してくださっているファンの皆様、関係者の皆様にこのようなご報告を差し上げることは残念でなりません。

赤い公園メンバーの津野米咲が、10月18日に永眠致しました。

享年29歳でした。

謹んで皆様にお知らせ致します。

突然の悲報に接し、メンバー・スタッフ共に、現実を受け止めきれない状況です。

なお、葬儀につきましては、ご遺族の意向により近親者のみで執り行う予定です。

津野米咲に対する生前のご厚情に心より感謝申し上げますとともに、皆様と心からご冥福をお祈りしたいと思います。

2020年10月19日

株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ

赤い公園 スタッフ一同

文面から、スタッフや関係者も、あまりにも突然の出来事すぎて戸惑いとショックで、現実を受け止められていないというような印象です。

2012年10月に一度体調不良で休んでいた際には「赤い公園」の活動も休止をしているので、今回の訃報を受けてグループ解散という可能性もあるのかもしれません。

今後の「赤い公園」の活動については、まだ未定のようです。

「ゆうがたパラダイス水曜日」は?

津野米咲さんはNHKのラジオ番組「ゆうがたパラダイス」を担当されたいました。

今後の放送はどうなるのでしょうか・・・?

NHKの番組サイトでは以下のように報じられています。

ゆうがたパラダイス津野米咲さんの名前は在籍しているものの、担当日である水曜日は「次回 休止」となっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、「赤い公園」のメンバーの津野米咲さんについてみてきました。

まだ29歳という若さでの急死の知らせに、驚きと悲しみの気持ちを抱かずにはいられません。

なぜ芸能人の自殺の連鎖が止まらないのでしょうか…。

何か新しい情報が分かり次第随時追記していきたいと思います。