エンタメ

【力士】勝武士幹士(しょうぶしかんじ)の経歴・プロフィールまとめ

スポンサーリンク

020年5月13日、大相撲高田川部屋の三段目力士、勝武士さんが新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため命を落とされました。

勝武士さんの性格はとても明るくファンからの人気も高かったそうです。

今回の記事では、勝武士の経歴・性格などをご紹介したいと思います。

勝武士(しょうぶし)プロフィール

四股名 勝武士幹士(しょうぶし・かんじ)

本名  末武清孝(すえたけ・きよたか

生年月日 1991年11月4日生

出身地 山梨県甲斐市

身長  165cm

体重  108.6kg

所属部屋 高田川部屋

得意技 突き押し

初土俵 2007年春場所

最高位 東三段目11枚目

生涯成績

生涯戦歴260勝279敗

在位場所78 取組538 勝260 負279

三段目:在位場所48 取組335 勝147 負189

序二段:在場所26 取組182 勝99 負83

序ノ口:在場所3 取組21 勝14 負7

前相撲戦歴1場所

スポンサーリンク

勝武士幹士の経歴

勝武士さんは中学卒業後に高田川部屋に入門し、力士としてスタートしました。

身長165センチと小柄ですが、強い足腰を武器に最高位は東三段目11枚目でした。

勝武士さん中学校は、柔道の兄弟子である竜電関と同じ「甲斐市立竜王中学校(甲斐市篠原)」に通われていました。

入部した柔道部では、竜電関が勝武士の1学年上の先輩だったそうです。

竜王中学3年の時、高田川親方(元関脇安芸乃島)からスカウトされて角界入りをしています。

竜王中柔道部の恩師からも「何事にも一生懸命で体が小さいぶん、人の倍は稽古をしていたという」

と言われるほど努力家だったそうです。

竜電関の付き人を長年しており、ふたりの信頼関係もとても良かったようです。

勝武士は下記のように何度か改名されています。

  1. 2007年3月 勝武士 太郎
  2. 2012年7月 彈丸 一風
  3. 2012年1月 勝武士 清孝
  4. 2013年11月 勝武士 幹士

幹士という名前土俵の鬼といわれた 初代・横綱若乃花関と一緒です。

勝武士は若乃花関を尊敬していたようで、 フィギュアを各地方に持ち歩き飾っているほどだったそうです。

スポンサーリンク

勝武士幹士の性格は明るくて人気者!

巡業や花相撲では知られた人気者で、元気で明るい性格でした。

相撲の所作や禁じ手など力士2人が面白おかしく実演する「しょっきり」を担当することが多くファンを楽しませていたそうです。

芝田山・日本相撲協会広報部長(元横綱大乃国)の話でも、

「(勝武士さんと同じ二所ノ関一門の)連合稽古で稽古している姿も目に浮かぶ。元気で明るい性格だったみたいだ。初っ切りでたくさんの人に喜んでいただいた。」

このように勝武士さんの性格を語っています。

スポンサーリンク

勝武士の過去の画像・動画まとめ

2015年初切り

2018年初切り

2018年大相撲トーナメントで行われた初切りです。

初切りといえば「勝武士」と言われるほどでした。

高三郷の名コンビが良い感じです♪

https://youtu.be/ETZyYeNBoLI

このように見ていると、元気で明るくお客さんを盛り上げている様子が分かりますね。

乙亥大相撲

このように過去の動画を見ているとムードメーカーのような太陽のような人柄だったとのが分かります。

スポンサーリンク

勝武士幹士へネット上の声


スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、勝武士の経歴・性格などをご紹介しました。

勝武士さんといえば、「初切り」という声も多く上がるほど性格はとても明るくて人気の力士だったようです。

みんなから愛された勝武士さんのご冥福を心よりお祈りしたいと思います。

勝武士(しょうぶし)病歴まとめ!持病の糖尿病はコロナ悪化の原因?2020年5月13日、大相撲高田川部屋の三段目力士、勝武士さんが新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため命を落とされました。 ...