エンタメ

さかなクンの功績がすごすぎてヤバイと話題!帽子姿で国会にも出席 

スポンサーリンク

さかなくんが国会に出席をする際に、トレードマークのハコフグの帽子を被って出席することを認められたことが話題となっています。

国会にまで出席するさかなくんの功績はとてもすごすぎてヤバイ!と話題です。

今回の記事では、さかなくんのすごい功績や、いつも帽子を被っている理由をまとめました。

スポンサーリンク

さかなくんの功績

【主な受賞歴】

  • 2012年7月 海洋立国推進功労者内閣総理大臣賞
  • 2014年2月 第1回食育文化功労賞
  • 2014年6月、第15回ベストスイマー賞

【現役職】

  • 東京海洋大学名誉博士
  • 特定非営利活動法人自然のめぐみ教室海のめぐみ教室室長
  • お魚らいふコーディネーター
  • 農林水産省 お魚大使
  • 環境省「環のくらし応援団」メンバー
  • JF(全国漁業協同組合連合会)魚食普及委員
  • 千葉県立安房博物館客員研究員
  • 千葉県館山市「ふるさと親善大使」第一号
  • 「よしもとおもしろ水族館」研究員
  • 新潟おさかな大使
  • 文部科学省・平成23年版科学技術白書表紙絵・デザインコンクール審査委員
  • 日本ユネスコ国内委員会広報大使
  • 明石たこ大使
  • 山陰海岸学習館ギョギョバイザー(鳥取県)
  • なぶら親善大使(静岡県御前崎市)
  • 宮古島海の親善大使(沖縄県)
  • “渚の駅”たてやま名誉駅長(千葉県館山市)
  • 小笠原諸島PR大使

他にも、2010年 絶滅したとされていたクニマスの再発見し、明仁上皇から名前を挙げて賞賛されています。

子供の頃から魚に興味を持ち、『TVチャンピオン』の「全国魚通選手権」にて5連覇も果たしています。

タレント・研究家としてメディアに出演する姿もよく見ます。

タレントとしても子供から大人まで人気がありますよね♪

さかなくんが帽子を被っている理由は?

国会や、お葬式にも帽子を被っている姿が話題となったさかなくん。

さかなくんは帽子を被る理由を以下のように語っています。

「小さいとき魚屋さんでハコフグが泳いでいたんです。水槽の中で大きいタイやブリにドーンって当たっちゃうんですね。当たっても当たっても、一生懸命泳ぐその姿。私もハコフグちゃんを乗っければ、いつでも元気にギャんばれるぞ、と思って」

帽子にこんな想いがあったのは知りませんでした。

いつも元気なさかなくんは、帽子を被ることでこのエピソードを思い出して頑張っているんですね!

【水木しげる先生のお別れ会でのさかなくん】

【国会でのさかなくん】

画像が上がり次第載せたいと思います。

さかなくんの帽子はいつから被ってる?

2001年4月「どうぶつ奇想天外!」から

『どうぶつ奇想天外』伊豆の海に潜るロケでかぶったのが最初です。

ディレクターから「印象が薄い」と言われたことがきっかけで被るようになったとか。

当初は帽子とは決めておらず、着ぐるみなども考えていたのだそうです。

まとめ

今回の記事では、さかなくんのすごい功績や、いつも帽子を被っている理由をまとめました。

お魚博士だけなはなく、数々の功績や役職を持つおさかなくんはすごい人物ですね。