エンタメ

『SUMO』の田代良徳はモデルで経営者!プロフィールや映画の魅力は?

スポンサーリンク

インド映画『SUMO』に出演している田代良徳さんをご存じでしょうか?

映画『SUMO』は予告動画だけで既に400万回再生されている話題の映画です。

今回の記事では田代良徳さんについてや、『SUMO』の魅力についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

田代良徳プロフィール

  • 元大相撲力士東桜山(とうおうやま)
  • 本名  田代良徳
  • 身長  188cm
  • 体重  180㎏
  • 出身地 東京都
  • 所属  お相撲さんドットコム

【出演歴】

  • インド映画「SUMO」準主演(インド) 映画
  • 中国映画「唐人街探案3」(中国)映画
  • サントリー 「缶コーヒーBOSS」(日本) TVCM
  • 住友林業 「ビッグフレーム工法」(日本)TVCM
  • おもちゃカンパニー「ベビースターラーメン」(日本)TVCM
  • ファッション誌VOGUE

他数々のメディアに出演!

小学生の頃から相撲をやっていた田代良徳さん。

相撲で有名な明大中野高校、明治大学卒業しプロに入ったそうです。

最高位幕下7枚目です。

31歳でケガが原因で現役を引退。

その後お相撲さんモデルとして、CMや広告・雑誌やイベントなどに数多く出演されています。

相撲界から一般社会へ飛び出して活躍していてかっこいいですよね。

スポンサーリンク

田代良徳はモデルで経営者

調べてみると、田代良徳さんは相撲の経験を活かし様々なお仕事をマルチにこなされていることが分かりました!

田代良徳はスーパーモデル

雑誌『VOGUE』に出たこともあるので、田代さん自身も肩書を「スーパーモデルです」と語っています。

相撲に関するマルチなことをやっている俳優さんなんですね。

インド映画『SUMO』がヒットしたことで益々人気が出てくるのではないかと思います。

ホームページ制作・運営会社設立

相撲現役引退後、最初にしたのはホームページの制作・運営をする自身の会社の立ち上げだったそうです。

田代良徳さんは、ケーブルテレビ会社に半年、スーパーマーケットに8年、約7年店長としても経験があります。

実務を通してメディア戦略、ブランディング、お金の流れ、銀行との付き合い方など、いろいろなことを学んだそうです。

その経験もあり、今では50程のクライアントを抱えているそうです。

本を出版

自らの経験を書いた本も出版されています。

相撲部屋とはどんなところか、稽古は厳しいのか、彼女はどうやってつくるのか、といった力士の悩みを書かれています。

相撲めし「浅草ちゃんこ場」店を経営

なんと、飲食店まで経営している田代さん。

ちゃんこの他に「黒トンバーグ&黒トンテキ」「どすこいサラダ」なんかもおすすめらしいです。

様々な業種に活躍を広げる田代良徳さんはエネルギッシュですね。

映画『SUMO』ってどんな映画?

【簡単なあらすじ】

インドの海岸に流れ着いた力士(田代良徳さん)は、記憶を無くしていてさらに幼児退行していて、大きな赤ちゃん化しています。
色々調べると日本大使館の力士だと分かり日本に返しあげるべく様々な人たちが協力しあい力士を救う感度ありコメディありの映画。

タイトルは、その名も『Sumo(すもう)』。

南インドで使われているタミル語の映画で、2020年1月に現地で公開されていますが、日本公開はまだ未定です。

『SUMO』魅力①王道の相撲映画ではない

相撲の王道のストーリーではない為、インパクトが大きいのだそうです。

田代良徳さんも以下のようにコメントしています。

日本で話題になるとは思ってなかったんですよ。インドで「なんだこのデカいヤツは!」って話題になるくらいだと思っていたくらいですから。インドで作った映画という「波紋」が、時間をかけて日本まで届いたみたいな不思議な感じです。

『SUMO』魅力②台本がない

インドでは映画産業が盛んな為、「台本を作るとパクられる」のだそうです。

そのため出演者はストーリーの細かいところまで教えてもらえないまま撮影がスタートしました。

主演の俳優の一人にだけ頭にストーリーが入っていて、その隣でバインダーを持っている人が、彼が言ったことを書いていくのが台本なんだとか。

台本がない点に関し田代良徳さんは以下のように語っています。

とりあえずやっていたら、撮影が進むうちに「ああ、そういうことか!「だからあそこでこうだったんだ」って点と点がつながっていく。

日本では考えられませんが、インドならではの撮影法です。

決められた台詞がないので役者の魅力を更に引き出せるのが魅力なのかもしれませんね。

SNSでの反応

映画「SUMO」の影響も大きいようです。

まとめ

今回の記事では田代良徳さんについてや、『SUMO』の魅力についてご紹介させて頂きました。

田代良徳さんは、相撲関係のお仕事をマルチにこなし、少しおちゃめな所があるとても素敵な方ですね。

映画『SUMO』を日本でも上映する日を願いたいです。

これからの田代良徳さんの活躍も応援していきたいと思います。