芸人

ギター芸人SAKURAIは41歳でTV初出演の苦労人!経歴が話題

スポンサーリンク

3月8日のR-1グランプリに出場のSAKURAIさんをご存じでしょうか?

SAKURAIさんのリズムネタが面白いと話題になっています。

しかし41歳でTV初出演するまては、コンビ解散を繰り返すなど数々の苦労人だったそうです。

そこで今回の記事では、SAKURAIさんの苦労人がわかる経歴をエピソード毎に紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

SAKURAIプロフィール

  • 本名 櫻井 徹
  • 生年月日 1978年10月26日(42歳 2020年3月現在)
  • 出身地 徳島県
  • 血液型 A型
  • 身長 174cm
  • 足のサイズ 27cm
  • 趣味・特技 音楽鑑賞・サッカー
  • 学歴 鳴門市立鳴門工業高等学校卒業
  • 所属 SMA  NEET PROJECT

SAKURAIの人気のネタ動画

まずはSAKURAIさんの面白いと人気のネタ動画をご覧ください♪

歌ネタの間に入れる「ハッ!」が面白いと人気のようです。

独特なリズムネタが、人気を集めているようです。

SAKURAIの苦労すぎる経歴紹介

現在人気急上昇中のSAKURAIさんですが、実は現在42歳で芸歴は22年にもなるベテラン芸人なんです。

とても苦労すぎる経歴を紹介していきたいと思います。

苦労エピソード①家族に芸人を反対されていた

高校の文化祭で漫才をしたところ平澤トヨトウケし、芸人になりたいと強く思ったSAKURAIさん。

母親に芸人になりたいと伝えたところ、『そんな危ない世界行かない方がいい、やめたほうがいい』と即答されたそうです。

母子家庭で育ったこともあり、一度は会社員として働きますが1年後辞めて芸人のスクールに入所。

母親には、本気で芸人になりたいという本心は結局言えず、母親は今も芸人だということは知らないそうです。

家族の夢を認められず辛い思いをしたそうですね。

苦労エピソード②通っていたお笑い科が潰れる

代々木にあったお笑い養成学校に通っていたというSAKURAIさん。

お笑いタレント科に入学するも、2年後に学科が潰れてしまったのだそうです。

元々パソコン専門の学校に何故かお笑いタレント科があったということらしいので、お笑いには力を入れてなかったのかもしれませんね。

SAKURAIさんは夢を諦めず、10人ほど残ったメンバーで、それぞれコンビを組みオーディションを受けては落ちる、の繰り返しをしていたそうです。

苦労エピソード③コンビ解散を繰り返す

オーディションを受けては落ちる、の繰り返していたときに、コンビを組んだのが平澤トヨトさんとの“ギャンブラー”というコンビ。

その頃のSAKURAIさんは、協調性がなく、『スベれば相方のせいで、ウケれば俺のおかげ』と思っていたそう。

コンビ名も“背水の人”と買えて活動するも、結局10年間で4回ほど、解散・復縁を繰り返し解散してしまったそうです。

苦労エピソード④ピン芸人としてもネタが売れない

ピン芸人として活動し始めるも、ことごとくネタが売れない日々が数年続いたそうです。

当初ギターネタの芸人はたくさんいるという理由で、考えていたなかったというSAKURAIさん。

しかし、元コンビで今は親友の平澤トヨトさんからの以下の一言が人生を変えたそうです。

「お前は真剣にギターネタに向き合ったことがあるのか。ピンネタで売れるのは100人中1人程度だけど、面白いギターネタは10人のうち3〜4人は売れる。ギターが弾けるなら絶対やったほうが良い。」

2019年11月25日放送の『有田ジェネレーション』でギターネタが大ウケ。

そこから他のTV番組にも出演が次々決まり、ブレイクの階段をトントン拍子に駆け上がっていったそうです。

スポンサーリンク

ネットでの反響

ネット上でも、SAKURAIさんのネタが面白いという反響が目立ちました。

https://twitter.com/lemon_beystory/status/1221832617982488578?s=19


まとめ

今回の記事では、SAKURAIさんの苦労すぎる経歴をエピソード毎に紹介させて頂きました。

本当に長年苦労し努力が実って、ブレイクしたSAKURAIさんの経歴を知り益々応援していきたいと思いました。

これからの活躍も追っていきたいと思います♪