情報発信プロフィール

はじめまして。Eriと申します。

この度は、数多くのホームページから本サイトにご訪問頂き、ありがとうございます!

私は、

「ブログなら、どこに住んでも幸せは叶う」

をコンセプトのもと、WEB起業家としてブログを書いたりして収入を得ています。

私は、2020年1月からブログを始め4カ月で会社員以上の収入を得ることを達成。

会社員時代のお給料を超したことを機に、フリーランスとして独立した1児の子供を持つ主婦です。

現在、自宅リビングやカフェなどその日の気分に合わせて職場を選べる働き方をしており、お金や時間に縛られない自由な生き方を実現できています。

今でこそ自分らしい働き方を実現していますが、少し前の私はド田舎で働く会社員でした。

出勤通路も田んぼや畑、都会と比べ華やかさや楽しさがない毎日の繰り返しに、

「私の居場所はここじゃない」

と嫌気を指しながらも、毎日何となく過ごしていました。

そんな普通のOLだった私がブログで人生が激変し、現在の自由で充実した生活をするに至った話に少しお付き合い頂けたら嬉しいです。

田舎にUターン!働き方に疑問を感じた新卒時代

私の元々の仕事は、田舎の地元で働く銀行員でした。

銀行に就職した理由は、

  • 銀行は安定しているイメージがあった
  • 福利厚生がしっかりしていて土日祝日も休み

ということからです。

実は、私は最初から銀行員になりたかった訳ではありません。

学生時代は都会にいたこともあり、バイト先はスタバ!学校帰りにショッピング、など楽しい学生生活を送っていました。

就活時はそんな都会での楽しい生活を謳歌したい!と、大手メディア業界や航空会社など、とにかく都会に居れそうな華やかそうな職種を望んでいました。

しかし、時は就職氷河期。

都会での内定も頂けましたが、結局「安定」というイメージも強い地元の銀行にUターン就職。

「私は一生ここで働いていれば安泰だろう」そんな理由で決めました。

地元に帰ることを決意してから、もともと都会生まれ都会育ちで「田舎」には縁のない友人の生い立ちに嫉妬したり、とにかく都会在住組がすごく羨ましかったのを覚えています。

そして、後髪を引かれる想いで実家に帰り、銀行員として社会人をスタート。

「これはこれで頑張っていくんだ!」と決意したのですが、配属になった支店で私はどん底に落とされます。

まず、職場の環境に大きなギャップがありました。

営業室内には、個人の携帯など私物は一切持って入れず飲食物も持ち込みNG。

職場はドラマに描いたような「コーヒー片手に仕事」というようなOL生活とは全くかけ離れていました。

唯一の楽しみであるランチタイムもとても寂しいもので、自販機すらない小さな休憩室でお昼のニュースをぼーと見ながら持参したお弁当を食べることが習慣。

都会なら「今日はあの店のパスタランチ行こうよ~♪」とお財布片手にはしゃぐOLさんがよくドラマなどで見ますよね!

そんな楽しいランチタイムは叶わないあげく、仕事の内容にも追い打ちをかけられます。

  • 仕事中はトイレにすらいけない程忙しい
  • 数多くの資格試験にチャレンジしなければならず、土日のプライベートは勉強に追われる日々
  • 有給休暇は使えないのが当たり前
  • 残業、休日出勤して営業活動

という激務が待っていたのです。

そして、頑張れば頑張るほど仕事が増え、残業が続くのにノルマを達成できない人とも給料が一緒。

年齢を重ねるだけで仕事のできない上司達の方が給料が上。

そんな上司や先輩のご機嫌取りをする大変さ。

そんな「楽しくない」日々を送っていると、自然と朝ため息をつきながら起きるように。

通勤途中では「今日は大雪で支店が開かなければいいのに。」と空想を広げてみたり・・

「こんなはずじゃなかった。いつまでこんな生活が続くんだろう。」

そんな漠然とした悩みが頭に浮かんでは、絶望感に襲われるという繰り返しに、仕事に行く足取りが本当に重かったです。

気晴らしをしたくても、ド田舎にある私の自宅と職場の通勤路にあるのは、良くてコンビニやスーパーくらい。

「都会なら、帰宅途中にあるスタバでお茶!気晴らしにデパートでショッピング!なんて出来たんだろうな。」

田舎に住んでいると、楽しそうなランチタイム、帰宅途中のカフェやショッピングも叶わず、やっぱり都会と比べてどこか閉鎖的空間だと思い知らされました。

田舎景色にため息をつきながら、いつしか私は、

「都会で就職していたらもっと楽しい人生を送れていたのではないか?」

「私が幸せじゃないのはこの環境のせいだ」

そんな疑問を強く持ち始めていました。

仕事を辞めたい!と思うも、10年間本業を辞めれなかった

その頃、私には学生時代から付き合っていた遠距離恋愛中の彼氏がいました。

彼が都会に住んでいたこともあり連休になると会いに行く事が唯一の楽しみになっていました。

いつしか私は、

「その彼と結婚すれば、仕事を辞められる。都会で楽しい生活が送れるかもしれない。」

¨雇われて働く¨という毎日の窮屈でつまらない環境から抜け出せる唯一の方法だ!と、

かすかな希望を糧に「それまでの辛抱」そんな想いで毎日の仕事を何とか乗り越えていました。

が!彼とは、その後色々あってお別れすることに。。

「辞める」「都会で楽しい生活」という希望がなくなってしまった私は当時、相当落ち込みました。

一方で20代中盤となっていた私の周りは結婚ブーム。

地元の大学を卒業して、地元の企業に就職し、優しい男性と結婚して両親と同じような温かい家庭を持つ友人達。

幸せそう。でも、でも・・

「わたしのいるべき場所はココじゃない」

小さな田舎町で結婚して生活をする同級生たちを見て、そんな風に考えていました。

私は、今の生活から抜け出し「都会」へ行くことが幸せになる第一歩だと考えていたからです。

その為、私が次に思い立ったのは「ハイスぺ男子との結婚」を機に辞めるという選択です。

都会に住む年収が高い人と結婚→仕事をせずに暮らせる→都会に行けるかも?→全部ハッピー

今考えれば、とても浅はかな考えで自分でも恥ずかしいのですが(笑)

自然な出会いには期待せず、婚活サイトに登録。

しかし、そんな簡単に行くはずもなく、やはり思うような人とはすぐ出会えません。

その後、結局婚活サイトも退会。

「やっぱりこの現状を変えるのは難しい」

「私はずっとこの先も田舎で冴えない人生を送るんだ・・」

なかば諦めたような気持ちになっていました。

現状を何とか変えたくても、変えることが出来ない、方法が分からない自分に常にモヤモヤした生活をしながら、気がつけば「銀行を辞めたい」と思ってから10年間の月日が経っていたのです。

『プラダを着た悪魔』で思い出した夢

その後、私はひょんな出会いから今の旦那様と結婚。

地元にマイホームを建て新しい生活がスタートさせたのです。

  • 「結婚退職」
  • 「都会暮らし」

と自分の人生はロマンティックになるはず、と思って行動していたのにいつしか自分の人生はそこそこよくある周りの友人と変わらないものでした。

でも、新居での旦那さんとの生活にはとても幸せを感じていましたし、充実していました。

子供にも恵まれ、出産後は育児休暇を取得することもできました。

後に人生を大きく変えることとなるブログビジネスに出合ったのは、この育児休暇中でのことです。

初めての育児に翻弄される毎日でしたが、次第に子どもとの一日のペースも掴め時間の余裕も出てくるように。

私が、子供が寝ている間に楽しみにしていたことは主に、

  • ドラマや映画を観ること
  • ネットサーフィン

です。

ある日、私はアメリカ映画の「プラダを着た悪魔」をぼーっと見ていました。

オシャレに無頓着なアン・ハサウェイがファッション業界で奮闘し、外見にも内面も素敵な女性へと変貌を遂げる作品です。

私は、もともとこの作品の大ファン。

主人公のアン・ハサウェイに強い憧れを持っていたからです。

私が彼女に憧れる理由は、

  • やぼったい主人公がファッション業界第一線のパリで働くキャリアウーマンに変貌していく
  • 一度は、「この会社で、このままでいいの?私って、本当は何をしたいんだっけ?」と途方に暮れる→自分らしさ見つけ仕事も私生活もHAPPYになる

いわば現代版のシンデレラストーリーのような彼女の生き方に羨ましさを感じていたのです。

そして、この作品を久しぶりに見た私は言葉にするのは難しいのですが、なんだか羨ましさと同時に欠乏感が沸き上がっていました。

「あぁ。そうだった。私も都会に住んでこんな楽しそうな生活を送りたかったんだっけ」

ふと窓の外を見ると、自宅の目の前に広がる景色は、田んぼや畑のthe 田舎風景。

華やかなパリで活躍するアン・ハサウェイと、自分の歴然とした環境の差に愕然としました。

SNSを見ても都会での華やかな生活を発信している人達、テレビを見ていれば都会のデパートで楽しそうにショッピングするマダムたち。

都会に住む人達を見ると、自分と比べ楽しそうにキラキラした人に見えました。

「そうだよね。私は家も建てちゃったしここが私の場所なんだ。」

「もう子供も旦那もいるのに簡単に生活は変えられない」

そう、私が欠乏感を感じたのは¨そっちの世界に行くことできない人間¨だと思い知らされたからです。

今の私には、子供や旦那やマイホーム、守るべきものがあります。

今や自分一人だけの人生ではなく、自由な身ではなくなりました。

私は、子供や旦那と生活を送る中でなにか引っかかりがありながら、「コレでいいのだ」と自分に言い聞かせていたのでしょう。

モヤモヤした気持ちを抱きながらも生活を送っていたある日、ネットサーフィン中にとあるサイトが目にとまりました。

ブログビジネスとの運命の出会い

私が目に留まったサイトは、100均用品を使った片付け・オシャレな収納方法を紹介している主婦のブログサイトでした。

元々部屋のインテリアや収納について考えるのが好きだった私は、そのブログサイトを読むのが日課になっていきました。

そのブロガーさんは、日々の生活のインテリアや収納述の本まで出版されている収納のプロですが、子育て中の主婦でもありました。

整理術を学ぶと同時に、子育てをしながらも好きなことで収入を得て、自由に生きているブロガーさんに「うらやましい・・」と強い憧れを抱きました。

同時に、

「私もこんな風になりたい」

「ブログでお金を稼いでみたら何か変わるんじゃないか?」

と気持ちが湧き上がりました。

思い立った私は、早速ブログ開設の方法を読み漁りました。

調べてみると、

  • ブログで年収〇千万円
  • 仕事を辞めてブログで稼ぐ

など魅力的な言葉がずらり。

当時、広告費で稼ぐブロガーやYouTuberの存在は知っていたものの、「機械音痴だし、顔出しなんて無理!」と感じていたので全く関係のない世界だと思っていました。

その為、一般の人でもブログで仕事を辞めて生計を立て自由に生きている人達がいることを知り、とても驚きました。←ブログ=有名人がやる日記だと思っていた笑

しかし平行して「本当なの?怪しい・・」と疑う自分も。

正直、

  • お金を払ってまで教えてもらって無駄にならないか?
  • ネット上でしか知らない相手に騙されないか?

色んな疑問が頭を駆け巡りました。

結果、「とりあえず一人でブログを始めてみよう!」と、とりあえず自分の好きなことを書くことからスタート。

しかし、書いても書いてもアクセスが来るはずもなく・・

  • どうやって稼ぐのか?
  • 広告はどうやって貼るのか?
  • たくさんの人に自分の記事を見てもらうまでにどうしたら良いか?

など分からないことが多すぎて途方に暮れてしまいました。。

メンターとの出会い

ブログでの稼ぎ方が分からず、「もう誰かブログを教えて・・!」と詮索していた際に出会ったのが、一人のコンサルタントです。

そのコンサルタントは、ブログで大きく稼いだ実績を詳しく紹介されており信頼できそうな人。

まずメルマガに登録し、電話特典がついていたので、子供の寝かしつけが終わった深夜1時に恐る恐る電話をしてみることに・・!

私は電話で「ブログでなぜ稼げるか?」「どうやって稼ぐのか?」不安なことや疑問点を質問攻めしてしまいました笑

しかし、コンサルタントの方は優しく丁寧に教えてくれ私の背中を押してくれたのです。

私はとうとうブログのコンサルを受けることを決意!

最初は、¨分からないことが分からない¨レベルで取り掛かりましたが、コンサルタントから基礎をしっかりと学び「毎日ブログを書く」ことを実践。

すると、

  • 3ヶ月後 : 2万円
  • 4ヶ月後 :20万円
  • 8ヶ月後 : 30万円
  • 9ヶ月後 : 48万円
  • 10ヵ月後:55万円

と徐々に成果を上げることができました。

今思い出すと、

「本当に私でもできるのか?」
「本当に稼げるのか?」

そんな思いでスタートさせた私が、たった4ヶ月後には会社員の給料と同じくらいの収入を得ることを達成していたのです。

そして、ブログで会社員以上の収入を得ることを体験したことで、「仕事を辞める」選択を取ることができました。

ブログで得られたのは収入だけではありません。

参加したコンサルのコミュニティでは、普段の生活の中では決して出会えなような仲間とオンライン上で出会えたり、色んな人の情報を得ることが出来ました。

オンラインで自分の情報を発信できたことで、「お金を稼ぐ」スキルを得ただけでなく、一生持ち続けられるスキル(財産)を手に入れることもできました。

田舎の狭い景色から、ブログが世界を広げてくれたのです。

ブログで気づけた!「幸せ」は場所でなく、どこにいても叶えられる!

私は、忙しい日々の生活に追われ、自分が本当にやりたいことが何なのか?わからなくなっていました。

通勤途中の田舎風景を見てため息をついたり、都会に住む人達と自分を比べて欠乏感に襲われたり、モヤモヤした気持ちになったり。

  • 毎日が退屈なのは、田舎にいるから
  • 「わたしの居場所はココじゃない」
  • 自分の幸せは「都会」に行けば解決できる

そんな風に思っていました。

私は現在、会社員を辞めて毎日スタバを職場にコーヒーを飲みながら仕事する日もあれば、平日に友達や家族とランチに行くこともあります。

会社員では「普通は無理!」と思ってしまう生活ですが、ブログで叶えることができています。

そんな生活を実現できたことで、気がついたことがあります。

本来私がしたかった生活は、

「都会に行くこと」ではなく「自分らしい生き方をすること」

だったということです。

私は、「都会へ行くこと」が自分の人生を謳歌する一歩だと思い込んでいましたが、そうではありませんでした。

会社員時代、嫌な仕事に毎日行き、人間関係に疲れ、家では家事や子育てに追われる。

私は、そんな毎日に余裕がなくなり心が満たされていなかったんですね。

そんな時にテレビで都会のキラキラした人達をみると、かつて思い続けていた「都会への憧れ」が心が満たされない原因だと感じてしまっていました。

しかし、ブログで収入を得られたことで仕事を辞め時間の余裕ができ、気持ちの余裕もできました。

  1. 収入
  2. 時間
  3. 気持ち

この3つのゆとりをブログによって、私の心にも変化が起きました。

  • 田舎は子育て環境には適している!
  • 実家が近いことで両親に育児を助けてもらえる
  • マイホームを手に入れられた
  • 保育料が安い・駐車場代無料など住みやすい街

今までグレーに見えていた田舎景色でしたが、実は良い面もたくさん!

このように、今まで気が付けなかったことでも私が変わったら、周りの見える景色も変わっていったのです。

今やネットによるオンラインはとても発達していて、都会にいなくてもほとんどのことが出来るようになりました。

田舎にないブランドショッピングもいつでもネットで購入ます。

都会にしかないお菓子や料理がネットで購入できます。

世界中どこにいても色んな人とオンラインで繋がることができます。

オンラインによるビジネスが発達している以上、都会にいなくとも「なりたい自分」にどこにいたってなることができるのです。

私もブログで視野が広がったことで、地方に住んでいてもそんな自分になれることに気が付くことができました。

10年間仕事を辞めれず、私が幸せになれないのは「今いる場所・環境のせいだ」と言い訳し続けていましたが、そうではありません。

都会に居なくても、「ブログなら、どこに住んでも幸せは叶う」のです。

夢を叶える第一歩を踏み出そう!

私もブログによって気が付いてから、今まで諦めていた自分のフタをもう一度開けることが出来ました。

10年間悩み続けていた私のように、皆さんには時間を無駄にしてほしくないと思います。

一昔前では「ブログで稼ぐことは特殊な人」と捉えられていましたが今や、

ブログで稼ぐことは他人ごとではない

そう言い切っても過言ではありません。

ブログで稼ぐという事は、理想の未来を実現していく為の手段の一つです。

  • 大きな不満があるわけじゃないけど「人生このままでいいのか?」と疑問を持たれている方
  • 田舎に住んでいるがいつか都会に行きたいと思っている方
  • 結婚・出産・育児から今後の自分の働き方に悩みを持たれている方

このような悩みを持った方に、『こんな手段もあるんだよ!』と教えることが私の役目だと考えています。

ここまで長い長いプロフィールを読んで頂きありがとうございました。

こうしてPCに向かいながらも、

「人生って本当に何が起こるかわからないな。」

と、つくづく感じています。

私も一通のメルマガから人生が激変しました。

あなたも自分の力で収入を得て、場所や時間に囚われない、自由な生活をブログで全部叶えましょう!

もし、プロフィールが気になった方は私の無料メルマガに登録してみてくださいね♫